JUGEMテーマ:大学受験

 

4000 Essential English Words 4

 

 

答えは 適当に answer key とかで 調べればでてくるので和訳だけで。。

 

 

 

 

Unit 1

 

The History of Chocolate
多くの人がチョコレートはヨーロッパでできたと思ってる。でも、神食べ物と呼ばれてるチョコレートは、最初にアメリカで作られた。最初のチョコレートは現代のやつとはかなり違っとった。
野生のチョコレートの木はアマゾンの湿った熱帯雨林で簡単に育つ。木に咲いている花の房は種に変わる。だいたい20~60のカカオ豆がその種からとれる。カカオ豆は、甘くて落ちつくおいしいチョコレートの喜びを作るのに必要に成分。
マヤとアステカの両方の文化では、チョコの木は神によってパラダイスから持ってこられた、と思われていた。かれらは、めちゃ幸せな匂いのする特別な飲みものを作るために、この神聖な木からとれる豆を使った。驚くべきことに、アステカの人達はチョコは女子と子供には毒になると信じてた。
1500年代にスペイン人の冒険家のコーツはアステカ人に会った。コーツはアステカ人がチョコの木を育ててた農場にめちゃ興味を持った。ヨーロッパに帰るときに、カカオの豆を持って帰った。コーツはスペインの人達にアステカのチョコの飲みものを紹介した。
そこから100年以上、キングとかクィーンとか上流階級の人達がチョコを飲むのを楽しんだ。砂糖入れたらうまいということがわかってしまってから、彼らはさらにその飲みものを楽しむようになった。新しいマシーンはチョコメーカーがチョコを作る完成度や生産性をめちゃめちゃ高めるのを可能にした。豆を特殊な方法でいじると、チョコのアロマになる。チョコは濃縮ミルクと混ぜられて、滑らかな質感をゲットした。
今日では、微かな味がついた現代のチョコが高級な店の棚にめちゃ並んでる。チョコの種類はめちゃ多種多様。本当のチョコ愛好家はどれがベストか言えるけど… 彼らは言う、ハイクオリティーのチョコは食った後、味が口にめっちゃ残る、と。

 

 

 

 

 

一覧に戻る

 

 

 

 

おすすめの記事