今回は1次関数。

1次関数

1次関数(Linear Function)の基礎全体的に。

そもそも1次関数がLinear Functionとか

Two-Variable Linear Equations とか

(トゥー ヴァリアブル リニアー エクエィション)

直訳したら、

2個変数がある線形方程式・・・

ま~わからんでもないか(  ̄- ̄)

直線の式ってことで、equation of the line でもええかな。

座標平面、x軸、y軸

xy平面のことを、Cartesian grid(デカルト座標)とか

coordinate plane(コーディネイト プレイン)(座標平面)とか言う。

x軸、y軸は、x-axis, y-axis.(x-アクシス、y-アクシス)

傾き、切片

いつものグラフ描くときの

の形は変な名前がついていて、Slope-Intercept Form という。

(スロープ インターセプト フォーム)

傾き:slope (スロープ)

切片:y-intercept (y-インターセプト)

日本では切片と言えばy軸に決まっとるやろって感じやけど、アメリカではインターセプトだけでは、x軸のインターセプトy軸のインターセプトかわからん、のかな。。

変化の割合、xの増加量、yの増加量

傾きの求め方は、

xの増加量→Run(ラン)

yの増加量→Rise(ライズ)

個人的にこのシンプルさが好き。

まとめ

ということで、例えば

 Therefore, we get the line y=2x+4, where 2 is the slope and 4 is the y-intercept.

(ゆえに、傾き2、切片が4の直線y=2x+4を得る。)

とか言える。直線の式はかなり幅があっていろんな言い方ができる。

おすすめの記事