JUGEMテーマ:長所占い(インド占星術)

 

TOP> インド占星術 > 蠍座アセンダントの特徴

 

 

さそり座アセンダントの特徴&見分け方

 

【インド占星術】さそり座アセンダントの特徴&見分け方

 

 

 

 

さそり座アセンダントでは、

 

 

 

1室(自分の体) さそり座

2室(家族、育ち) いて座

3室(スキル、自信) やぎ座

4室(家、母親) みずがめ座

5室(楽しみ、子供) うお座

6室(敵、障害) おひつじ座

7室(パートナー、契約) おうし座

8室(隠れたもの、突発的変化) ふたご座

9室(深遠なもの) かに座

10室(仕事、達成) しし座

11室(友人、収入) おとめ座

12室(隔離、空想) てんびん座

 

 

 

となります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

蠍座アセンダントの一般的な特徴

 

 

 

さそり座アセンダントの一般的な傾向としては

 

 

 

・自分の体にコンプレックスがある

・比較的まじめに勉強する

・悪い事態を想定しがち

・ひとつのことに集中する

・パートナーに惚れこむ

・仕事で目立ちたい

・表に出さないがかなり競争心が強い

 

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

蠍座アセンダントの見分け方

 

 

 

さそり座アセンダントの見分け方としては、

 

 

 

・客観的に見れば大した問題ではないことにコンプレックスを持つ

・クリエイティブなことが好き

・育った家庭ではあまり苦労しない

・いろいろビビる

・いつのまにか張り合おうとしている

・重要なことを突発的に決めたりする

・学校の勉強はまじめに取り組む

 

 

 

 

 

などの項目のうちかなりの部分が当てはまっていればさそり座アセンダントの可能性が考えられます。

 

具体的には、

春の夜

夏の昼すぎ

秋の朝

冬の深夜

 

がさそり座アセンダントになる可能性があります。

 

 

 

 

【お母さんのこっそり占い】 子供の性格の変化に手を焼くお母さんをサポートします。

お子さんの性格や学習傾向を占います 【おまけ付き】現役家庭教師がお子さんに手を焼くお母さんを支援

 

おすすめの記事