B型の子が覚醒するとき
Photo by Zac Durant on Unsplash

かてきょの経験から、学力がどんどん伸びていく子とそうでない子の分岐点の傾向。

一部例外はあるにしても、確実に血液型別に傾向はあるので

自分に当てはめてみて損はないと思う。生活習慣病の血液検査的な感じで。

ってことで覚醒パターン:B型。

B型多角的思考=覚醒♪

いやほんま。

(B型の基本思想)

一貫して進むが、その方向は、単なる思いつきで決めたもの。

(解説)

B型の半分は「思い込み」でできている。

「これだ!」と勝手に思い込んで邁進しがち。

それが当たってりゃええけど、だいたいどっかズレてる。

なので、やってる割に成果が出にくい。

効率が悪い。

でもなんかの拍子に、突然変異的に、取り掛かる前に注意深く物事を観察できるようになれば、覚醒してどこまでも伸びていく。

ってことで、

B型多角的思考=覚醒♪

おすすめの記事