【悪用厳禁】ムカつく男子中学生を黙らせる方法

男子中学生がムカつく

反抗期の男子中学生に困っているお母さん、先生方向け情報。

要するに中学生に口げんかで勝つ方法。

男子中学生といえば、まともな子もいますが、まともでない子も相当数います。

  • 素直さはない
  • 相手の欠点ばかりをついてくる
  • 大口をたたく
  • 肝心な時には逃げる
  • しかし飯だけは何食わぬ顔で食う。。 

などやりたい放題。。

このようなナメた息子がムカついて仕方がない!! という方への対策方法を紹介します♪

意外と口論では勝てない

まずやってはいけないのが、正論を言うことです。なんだかんだで逃げ切られます。。

そもそもナメているので、人の話を聞く気は始めからなく、ただただ相手を困らせるためだけに動きます

しかも、なぜかそんなやつに限って法律や規則の細かいところまで知っていたりします。。。

非常にムカつくことでしょう。。

やり方

めっちゃ簡単です。。

モノマネをする。

以上。 ほんま、これだけで勝てます。

(解説)

中学生との口げんかの中で最も無駄なのが、しっかり理由を説明すること。

タチの悪い中学生は断片的に論理的で、しかもそれを正しいと信じ込んでいるので、

論破はできない。(中学生側が納得するように説得はできない)

よ~するにまだまだ子供なので、将来的な話、論理的な話はできない。

しかし、逆に言えば、まだまだ子供なので精神的に自立しきっていない。

人から (* ̄m ̄)ププッ と笑われるようことに弱い。

ゆえにそこを突く(  ̄- ̄)

とりあえずふつーに話をして、こちらの話をナメた理由をつけて返してくるようなら、

そいつが言ったことを非常にアホっぽくモノマネする。そして笑うw

以後繰り返し。 これで徐々にそいつはなんも言えなくなります。

メンタルダメージがすごいっぽいです。。

大人たちを困らせまくって職業体験を出禁になった強者でも3分程度で完了。

ということで普段から、変顔&モノマネのスキルを磨いておきましょう♪

まとめ

ナメた男子中学生対策のポイントは2つです。

1.まともに話し合おうとしない。(こちらがムカつくだけ)

2.誇張したモノマネでいかに相手がダサいかを伝えてやる。(あくまでもこちらが有利な状態を作る)

大人側がムカついていては、子どもに対して支援しようという気になりませんので、できるだけ爽快な気分でいられるように立ち回りましょう。

そして子どもを支援してあげましょう♪

おすすめの記事