東大君はいつから勉強開始したかの話。

中学のときからかてきょはしてたけど、別に東大って感じでもなかった。

高校に入って、「東大いこっかな~」 的な感じに冗談のような雰囲気で言っていたので、

とりあえず二次関数の先取りをやってた。 英語の4000Essential English Words の1もわたしといた。

でもま~HWはやらんし、寝るしでぐだぐだ。。

     わし「じゃ~これやっといて~」

東大君「うん」

次の週、

     わし「これ、先週置いたままの状態やんけ(  ̄- ̄)」

東大君「あ~(  ̄- ̄)」

ってな展開が何回も続いた。

で高1の秋ごろに

東大君「そろそろ無理だわ」

     わし「だいぶ前から死んでたけどな(  ̄- ̄)」

ってなって終了

そしたら

弟君「じゃ~おれ2時間やろ~♪」

って速答。

ちなみに弟君はゴリゴリの野球少年なので、推薦で高校に行くのが決まっていた。

かる~く定期テスト対策してたぐらい。

そっから1年ぐらい弟君と将棋、マクド、数学、英語、のかてきょが続く。

その1年ぐらいは家には行ってたけど東大君には全く会ってない。。

で、弟君も進路決まって、そろそろおわりやな~ってな雰囲気になってきた冬ごろ、

東大君「がちゃ(  ̄- ̄)」

東大君「(英文法のやり方の質問)」

東大君「(そのまま弟君の部屋に居座って英語自習)」

そんな感じの乱入がしばらく続いて、

高2の11月ごろから

東大君「東大どうかな~」

とか言い出して、そっからは 東大を目指すのか目指さないのかの話に。

東大君は慎重派

弟君は革新派

わしも革新派

東大君的には、「やっても無駄な努力はしたくない」という方針。

弟君とわしは、「そんなことほざいてる暇があったらやれ!」という方針。

常に2対1になるので必ず東大君が言い負けている状態に。。。

弟君はかてきょで数学のプリントをやっているはずなんやけど、東大君とわしが話を始めると、プリントやってるようで実はこっちの話を全部聞いてて、

もどかしい東大君の態度にいいかげんイライラしてきて、必ずこっちの話に入ってくる。

そして、2対1になりながらも議論は平行線。

そんなこんなで弟君のかてきょが8回ぐらいつぶれたある日、

東大君「おれ、東大目指すわ(  ̄- ̄)」

     わし「ほほ~~~」

東大君「ってことで来週からお願いします(  ̄- ̄)」

    わし「ん?なに、わしがやんの??」

東大君「うん(  ̄- ̄)」

    わし「え? いやいやだから四谷学院行けってば!」

東大君「おれはよしもと先生と行きたいんですよ」

    わし「え、まじで言ってんの?」

東大君「うん(  ̄- ̄)」

     わし「つ~か、 東大目指す目指さんでひたすら話してたけど、それわしと目指すってことやったん?」

東大君「うん(  ̄- ̄)」

     わし「そうなの? ま~ええけど。」

てなって高2の終わりのころの年明けから本格的に東大君のかてきょ開始。

ま~個人的に、東大君の一番すごいと思うとこは、

東大合格者輩出実績のないやつを先生として指名するセンス

かな。

その後は、人が変わったように素直にどんな課題でもやるようになった

しなかったHWも「むしろ足りんから追加して」ぐらいの勢いになった。

東大合格前体験記に戻る

おすすめの記事