英語偏差値65への道

国立高専英語はめっちゃ使えます。長女占いはじめました。

●必要なもの

 ①偏差値50ほどの英語力
②高専英語過去問10年分
③実力をつけたいという気持ち

上の条件が揃ってる子に国立高専の英語の過去問をやるとめっちゃ伸びます(  ̄− ̄)

何がええのかというと、

いい感じに難しい
中学英語の限界までぎりぎり使ってる感じで、めっちゃいいトレーニングになる。 最初に生徒さんにやらすとほぼ凹むから、メンタルケアは重要です。でもこれ10年分を3周ぐらいする頃にはめっちゃ鍛えられて強くなっている!

受験英語の技をこれでもかと見せてくれる
受験英語でありがちな文法的なひっかけ、長文での選択肢のひっかけ、など重要なことは全部入れてくれている!

英文がおもしろい
全国の国立高専で同じ問題なためか、めっちゃ作り込まれている。特に男子向けやけど、高校入試程度の英語でその題材さわるか? ってぐらい踏み込んでくる。その結果とても読みごたえのある英文になっている。でもちゃんと中学英語の範囲内に納まっている!
語彙、文法、会話、説明文どれもすばらしい。標準よりちょっと捻っているところがさらにすばらし♪
英作文とリスニング以外は高専英語過去問でめちゃめちゃ鍛えれることはまちがいないです。実際にやった生徒さんたちも劇的に伸びたし♪

みんな最初めっちゃ凹むけどw

おすすめの記事